SCOPE RECRUITING 2021
ENTRY

VOICE

暮らしの1コマを変える コミュニケーションデザイン本部 冨川真由 入社5年目(2016年入社・新卒)
どんな学生時代を過ごしたか
中学から高校まで、勉強漬けの日々を過ごし、その後は紆余曲折あって東京郊外の美大生としてグラフィックデザインを専攻しました。テスト勉強以外の知識を学べることが嬉しくて、教職課程や留学、学祭委員など精力的に活動をしました。
デザインをする冨川さん
広告業界を選んだ理由と、中でもスコープを選んだ理由
ゼミの教授や留学の経験を経て、「分かりやすいデザイン」「伝えるデザイン」を探求する面白さにハマり、広告業界を選びました。中でもスコープではイベントやパッケージなど、人にインパクトを強く持たせるデザインを多く手掛けていた為、入社を決意しました。
現在の仕事について
パッケージデザインや販促資材を作っており、お店で買い物をする方がつい見てしまうようなものを目指しています。
その為人々の暮らしの1コマに新鮮で面白いことを吹き込めるように、常にトレンドや新しい表現方法などにアンテナを張るようにしています。
元々紙媒体の領域を勉強していましたが、現在では動画やwebなど幅広い領域の業務に携わることが増えました。これからも自己研鑽を怠らずにこつこつがんばります!
気になる世の中の動き
最近はSNSで気軽に良いデザインやアートワークを見る機会が増えてきました。消費速度の速くなる中、いかにデザインの力で目立つアイデアを出すかを求められているような気がします。勉強を怠れません!
一番思い出(記憶)に残っている仕事
メーカー商品のシーズン別広告資材です。
店頭で年間販売する飲料商品の資材をシーズンごとに作りたい!と先方から依頼があり、毎月のように頭を悩ませました。
「季節感」と「商品アピール」のバランスを兼ね備えられるように意識し、デザインを作るというところが難しい案件でしたが何とか乗り越えました。
当初は春の新生活を対象とした資材のみでしたが、初回のデザインが好評で、そのまま引き続きお願いしたい!というお話をいただきました。自分が作ったデザインでそんなお話をいただけたのが初めてだった為、とても嬉しかったことを覚えています。
森の中の家
オフの時間の過ごし方
休日は充電の為、家でのんびり本を読んだり、気ままに一人旅に出ることもあります。
趣味がモノづくりなので、気が付いたら毎日絵を描いたり何か作っていることが多いです。
どんな後輩・部下と働きたいか
自分が持っている引き出しと違う、新鮮なアイデアを共有できる人だと嬉しいです!話していて面白い!楽しい!と感じる機会がたくさんあるだけで、デザインを作るのがさらに楽しくなる気がします。
メッセージ(学生へ向けて)
就職活動は周りのペースを気にすると、急に置いて行かれたような焦りが出てくることもあるかと思います。
自分自身の良さをアピール出来なくなってしまうともったいないので、ゆっくりでも自分のペースを守って、こつこつと楽しみながら努力できればいいのではと思います。
慌てずに、自分を信じて活動してみてください!
イラスト

VOICE