SCOPE RECRUITING 2021
ENTRY

PROJECT STORY

バスケットボールの試合を応援する人たち

B.LEAGUE所属

プロバスケットボールチーム
アースフレンズ東京Z

マーケティングコンサルタント

  • 企画
  • 制作
  • 運用
  • 分析
国内男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」2部に所属し、東京都・城南エリアをホームとする「アースフレンズ東京Z」のブランディング・集客・商品開発・ファンクラブ運営をサポート。毎週クライアントとテレビ会議を行い、オリエンテーションされた課題に対してアイデアを考案し、翌週提案・実施する。その他、同チームを広告メディアとして活用するための媒体資料作成、販売、スポンサーメニュー、マーケティング全般を担当。
会議の風景
メッセージの書かれた車
観客の様子
バスケットコートでの集合写真

MEMBERS

  • 第一営業本部

    小野寺 勇武

    Yubu Onodera

  • コミュニケーション
    デザイン本部

    亀山 慧

    Kei Kameyama

  • コミュニケーション
    デザイン本部

    中 美聡

    Misato Naka

PROJECT STORY

営業メンバー
営業
START!
制作メンバー
制作
1.オリエンテーション

(定例会議)

週に1回テレビ会議を行い、クライアントが抱える課題や要望をヒアリングする。
2、3ヶ月後に実施する企画についての課題をいただき、ヒアリングを行います。企画提案までのサイクルやテレビ会議など、スピード感をもって進行しています。
実施は2カ月ほど先でも、クライアントからのご要望は毎週くるので、どんどん新しいことを考えていく必要があります。日に日にアイデア発想力が鍛えられています…!
2.アイデア会議
クライアントから上がった課題に対して、社内でアイデアを募り、アイデア会議にて、5〜6案に絞る。
営業もアイデア会議から参加し、プランナーと一緒になって考えていきます。アイデアのおもしろさはもちろんのこと、予算や運営の人手を考慮して企画の実現性をジャッジするのも大事な仕事です。
ダイレクトな意見にリアルタイムで触れることができるので、SNSのハッシュタグ検索を利用し、ファンの方々のニーズを取り入れる工夫をしています。
3.プレゼン
テレビ会議でいただいた課題に対して提案する。
クライアントとの距離が近いため、その場で思いついて出した案が採用されることも。実施力が高い分、やりがいがあります!
4.実行
企画の運営はクライアントがメインで実施。運営のサポートをすることも。
実施・運営はクライアントがメインで進行しますが、以前実施した企業対抗バスケット&異業種交流会の企画では、司会として運営のサポートをさせていただきました。
5.チームミーティング
実施した企画についてどのような効果があったか、またどういった反響があったかをチェックして共有。
提案した企画が実施されているか、クライアントにヒアリングしたりHPを見るようにして、次回の提案に活かすように心掛けています。先日はリーグチラシのデザインのご提案をさせていただくなど、ご支援の領域も徐々に広げています!
クライアントに寄り添った提案をするためにも、試合に足を運び現場の空気感を知るようにしています。テレビ会議だけでは知ることのできないお客さんの熱気を感じることができたり、改善策のヒントが発見できたりします。
GOAL!
メンバー全員の写真

OTHER PROJECT STORY