MENU
SCOPE RECRUITING 2023
ENTRY

PROJECT STORY

実績紹介

「ブレンディ®」スティック 冷たい牛乳で飲むシリーズ「あなたのくつろぎキャンペーン」

味の素AGF株式会社

「ブレンディ®」スティック 冷たい牛乳で飲むシリーズ「あなたのくつろぎキャンペーン」

認知拡大・拡散促進を実現する企画・制作

  • 企画
  • 制作
  • 運用
  • 分析
当商品はお湯に溶かす必要がなく、冷たい牛乳だけで美味しいアイスカフェオレが作れることがユニークなメリットですが、認知度に拡大余地がありました。商品ブランドの新規ユーザーを拡大すべく、20代独身女性を主なターゲットに設定し、商品メリット・ベネフィットの認知拡大と拡散強化を実現するプロモーション企画を行った事例です。
ブレンディ キャンペーンMV
ブレンディ コンテンツイメージ
ブレンディ

MEMBERS

  • 第三営業本部

    吾妻 奏

    Kanade Azuma

  • コミュニケーション
    デザイン本部

    後藤 亜矢子

    Ayako Goto

  • コミュニケーション
    デザイン本部

    後藤 学

    Manabu Goto

  • コミュニケーション
    デザイン本部

    冨川 真由

    Mayu Tomikawa

  • データマーケティング
    センター

    木賀 啓介

    Keisuke Kiga

  • デジタルソリューション
    センター

    波岸 亮太

    Ryota Namigishi

PROJECT STORY

営業メンバー
営業
START!
制作メンバー
企画・制作・
デジタル推進
1.オリエンテーション
クライアントより商品の課題や要望、プロモーションの目的などをヒアリングします。

営業

各業務範囲ごとに疑問点等も異なるため、社内のプランナーや制作にもオリエンテーションに同席いただき、その場でヒアリングを行います。
打合せ後は資料を読み込み、オリエンテーション課題を整理し展開までの大まかなスケジュールを検討しながら、社内でのキックオフを進めます。

企画

オリエンテーションの課題である背景・動機(クライアントインサイト)をできるだけ具体的にヒアリングします。その場で思いついたアイデアを投げかけることも心掛けてました。オリエンテーションで聴けていない本質的な課題が分かることも多く、企画品質とスピードアップに役立ちます。本質的な課題解決のためにはオリエンテーションを超えた企画も提案します。

制作

以前にも店頭販促物でPOP作成を行った実績もあり、関係値が既にあるクライアントでした。その為製品の背景や世界観など丁寧に説明いただくことができ、さらにブランドの特徴を理解することができました。

2.プレゼンテーション準備

(アイデア発想)

Twitter上で展開するプロモーション企画という大まかな方向性を決め、プランナーリーダーを筆頭に制作・営業の全員で、職種を超えて協力し、アイデアを出し合います。まず最初はアイデアの数と幅を重視します。

営業

プランナーになったつもりで、アイデアを出します。広告会社の営業という立場・視点に囚われず、ターゲット層の消費者目線での感覚を重点に、発想していきました。

企画

刺激すべきインサイトを発見するため想像力をフルに発揮します(ここを外すと全体がコケるので毎回熱が出るくらい考えます笑)。
インサイトを発見したら、ユーザーの気持ちがどう動くと課題が解決するかという企画全体のストーリーを練り上げます。その後、ストーリーを具体化するアイデア発想に進みます。
ターゲット層と同世代のメンバーが多かった為、彼らの肌感覚から生まれるアイデアを大切にしていました。

制作

ターゲット層に近いメンバーもいたため、オリエンテーションを元にアイデア発想から参加し、「ついやってみたくなる」施策をチームで何度も話し合い率直な意見交換をしました。

3.プレゼンテーション準備

(現状的な提案に向けて)

有望なアイデアを吟味し、合体や追加をしながら、企画として育て練りこみます。様々な案が出ているので、その中から最も課題解決力を持つアイデアを選ぶことがとても難しいです。
並行して予算の確認やビジュアル制作等、具体的な提案に向けて準備を進めます。

営業

提案に向け、クライアントからのオリエンテーションにきちんと応えられているか、不足はないか、矛盾はないか等をチェックします。
営業は提案内容が、予算・運営・スケジュールを踏まえて実現可能かを判断し、俯瞰して調整進行をします。

企画

企画とストーリーをベースに最も課題解決力が強いアイデアを複数案を選びます。今回はスマホで遊べるジェネレーターにアイデアを絞り、その中でのコンテンツ案を幅広く考えました。
ターゲットユーザーが「やってみたくなること」かどうかも選定基準に置き、NG基準も予め明確化しておきます。
この様な形で各アイデアを実践できる「企画」として組み立てていきますが、同時に予算・スケジュールの条件に収める視点が必須です。

制作

施策を具体的なイメージにするためビジュアルを制作します。
実現可能な範囲でターゲットに対してのアプローチの仕方やジェネレーターでできるイメージのクオリティを上げていきました。

4.プレゼンテーション
ターゲットユーザーが最も自分ごととして関心を持ちやすく、シェアしたくなるであろうコンテンツを幅を持ってご提案します。

営業

企画部分はプランナー、デザイン部分は制作など、その話を一番説得力を持って話せるメンバーにパートを任せ、プレゼンテーションを実施します。
企画内容が一番効果的に伝わるような全体コーディネートを営業が担います。

企画

プレゼンテーションの構成は主にプランナーが担当しますが、チーム全体で吟味します。クライアントが重視するポイントとブランドの世界観とのマッチングが取れているかに注視しながら、良い意味で期待を裏切るストーリーになるよう何度も考え直しました。
魅力の発信も大切にしつつ、真摯に課題解決する想い・熱が込められるプレゼンテーションを目指しました。

制作

企画内容に併せ、ビジュアル部分は初見で理解しやすくできるような絵作り・プレゼンテーションができるよう準備しました。

5.ブラッシュアップ~企画決定
「似顔絵ジェネレーター」に企画が決定。クライアントにご意見をいただきながら、より良い施策になるように、企画内容のブラッシュアップを続けていきます。

営業

大枠の企画が決定した後は、クライアントに意見を頂きながら、修正を重ねます。
各提案がオリエンテーションからずれていないかを常にチェックしながら、提案を繰り返します。

企画

プレゼンテーションを行う中でクライアントの反応を空気感・顔色なども含めて感じ取ります。オリエンテーションの際と同様、質問を通じて本意・インサイトを探り、アイデアの修正・方向性を考えます。
要望を取り入れつつ、予算・スケジュールを加味して修正案を考案します。

制作

クライアントご担当者様の意見をより良くなるようにブラッシュアップしたアウトプットを目指しました。

デジタル推進

社内でクライアントの求める機能の実装を完結することは難しく、協力頂ける会社を選定し、プロジェクトの説明を行った上で制作を依頼しました。
比較検討する中でジェネレーター作成の経験が豊富な会社があったため、制作を依頼しました。

6.イラストレーター選定
ターゲット層の嗜好やブランドの世界観を表現できるイラストレーターの候補を出し合い、予算面や納期スケジュールを加味して選定を進めます。

企画

マーケティング分析からターゲットの嗜好性にマッチするイラストレーター選定をサポートします。
自らの好みだけで選ぶと問題解決力が弱くなる場合もある為、人気度・フォロワー数は注視しました。競合との重複回避も重要です。
今回はクライアントご担当者様からもアイデアを多く頂き、一緒に作り上げていく感覚で進められたことは楽しい思い出です。

制作

社内の20代女性社員からの意見もヒアリングし、ターゲットに合う世界観を持ち、且つ似顔絵を得意とするイラストレーターを探しました。
その結果ジェネレーターとして自由度の高い企画になったと感じています。

7.コンテンツ制作
ジェネレーターのサイト制作に加え、同時展開するSNSキャンペーンのランディングページや投稿するビジュアル制作など、各種コンテンツを制作していきます。

営業

品質・スケジュール・予算管理を各制作物ごとに行い、社内外関係なく、調整することが営業の役割です。
クライアントとの窓口として、あらゆる課題を解消した状態でご提出できるように、責任を持って進行します。

企画

クリエイティブ表現やジェネレーターの体験の流れが、魅力的か吟味しつつ、アイデアを出し合いました。
企画が具体的になるにつれて、コミュニケーションツールとしての楽しみの要素を追加するなど、随時ブラッシュアップしました。

制作

予算・スケジュールに合うだけでなく、クオリティを上手く両立できる形で様々なパターンが作れるように随時検証していきます。友達だけでなく、家族に発展させられるよう年齢層の幅を広げたり、コミュニケーション醸成するための文字入力の機能も追加しました。

デジタル推進

社内のプランナーや制作部署と、開発協力会社との間に立って調整を取ります。
ジェネレーターの機能をより魅力的なものにする為、開発者側の視点に立って技術的な観点・予算・スケジュールを考慮し、クライアントの要望を最大限実現できようサポートします。

8.広告手法・プランの決定
施策内容を踏まえ、Twitter・Instagramなどの告知メディアを選定します。
メディア配信時の目標値やシミュレーション値を設定し、配信した後もPDCAサイクルを回すことができるよう準備します。

営業

シミュレーションデータに基づき、プランナー・配信会社と協力しながら、告知メディア選定・ターゲティング・キーワード設定等、もっとも適切なプランを選定します。

企画

広告配信会社にオリエンテーションを行い、予算に応じたシミュレーション、配信条件を設定します。コストパフォーマンスだけでなく、ターゲット層からの視点を大切にしました。
併行して広告だけでなく、キャンペーン全体の目標値を設定し、効果測定のためにジェネレーター内の各箇所にアクセス計測ポイントを設定するなど準備を進めました。

制作

複数のSNSバナーのデザインを作成しました。クリック率の向上を目指し、魅力的なビジュアルを目指しました。

9.プロモーション展開スタート
ジェネレーターサイト公開・キャンペーンを実施。
結果としては、応募数、ジェネレーターサイト閲覧数ともに、目標値を大きく上回る結果を残すことができました。
終了後は振り返りを行い、次回に向けた課題も明らかにします。

営業

実施中も、応募状況や配信の速報数値をチェックしながら、広告配信の調整等を、クライアントとの窓口として都度やり取りを進行します。
実施後は、施策の振り返りを行い、クライアントからの評価等をヒアリングしながら、今後の提案に向けての検討を進めます。

企画

いちユーザーとしてキャンペーンに参加し、企画の魅力を検証しました。解析ツールを活用し、参加状況をウォッチしたり、予め設定したアクセス計測ポイントの数値を確認しながら、Webページ・SNS広告の効果最大化のための各種指標の調整をディレクションします。
異常値があれば臨機応変に広告配信条件の調整などの指示を行いました。キャンペーン終了後は振り返りを行い、次回への提言をまとめ、次回受注に役立てる活動を行いました。
目標値を大きく超えた実績が残せましたし、クライアントにもご満足いただけて嬉しかったですね。

デジタル推進

プロモーションの実施後は、ユーザーのアクセス状況に関するレポートの作成をします。
今回はジェネレーター内の各ボタンに計測ポイントを設定していたので、ユーザーがどの段階でサイトから離れてしてしまっているかなどの動きを分析しました。

PROJECTを終えて

今回は特に若手社員のアイデア力が重要でした。最初は肌感覚の思いつきから始まり、次第にマーケティング課題を解決に向けて企画に育てていくプロセスをクライアントの協力を頂くことで歩むことができました。皆で進める仕事の面白さ、醍醐味を特に感じられたプロジェクトだったと思います。

GOAL!
more
メンバー全員の写真

OTHER PROJECT STORY

日産GHQギャラリー冬施策「SENSING FOREST」

more

JAXA宇宙航空研究開発機構(JAXA)
第一宇宙技術部門 Webサイト
リニューアルプロジェクト

more
TOP