SCOPE RECRUITING 2021
ENTRY

VOICE

空気感を変える リテールコミュニケーションデザイン本部 小嶋周平 入社15年目(2006年入社・中途)
どんな学生時代を過ごしたか
勉強は程々に興味のあることを自由に楽しんでいました。
行きたいと思った場所には無策でも、まずは行ってみようという感じです(笑)。
社会人となった今もそのスタンスは変えていません。
パソコンをする小嶋さん
広告業界を選んだ理由と、中でもスコープを選んだ理由
前職は空間系のデザイン職を経験し、ステップアップを求めて転職をしました。
中でもスコープは少数精鋭で案件に取り組める為、ディレクションを任される範囲が大きく、より自分の意思を反映させる事が出来るところに魅力を感じました。
現在の仕事について
メーカー系のクライアントを中心にディレクション業務を行っています。
具体的には商空間における店舗空間デザイン、展示会空間設計、イベント空間設計等、空間にまつわる案件を受け持っています。
また上記だけでなくブランドコンセプトからグラフィックデザインまで、全てを自由にクリエイティブ出来る環境も気に入っています。
気になる世の中の動き
今後はAI技術が更に進化していき、本当に便利なサービスだけに対価を支払う時代が来ると思います。同時に、高い技術力を持たない企業は淘汰されていくでしょう。
この流れに逆らうのではなく、動きを合わせながら共存できるポジションを如何に確保できるか?
そのヒントになる「AIだけでは賄えないモノ」を日々考えています。
一番思い出(記憶)に残っている仕事
予算管理からアカウント業務、クリエイティブ、設計、デザインワーク、施工監理、精算業務まで、全てを1人で納めた案件が今でも記憶に残っています。
連日深夜作業で多忙を極めましたが、言い換えれば、自由。
全てを自分が創り上げていく楽しさを感じた事を覚えています。
部屋にある植物
オフの時間の過ごし方
楽器演奏、レコード鑑賞、音楽イベント、美術館鑑賞、ドライブ、バイク修理、ファッション、植物、海外旅行…。趣味が多く、休日が全然足りません。
どんな後輩・部下と働きたいか
良い方向に空気を変えてくれる人。
上下関係というよりも仲間同士という形で働ける環境が良いですね。
お互いの趣味の話で盛り上がれると、仕事がより一層楽しくなるのかなと思います。
メッセージ(学生へ向けて)
自分のなりたい未来像が学生の内に正確に把握が出来ている必要はありません。
大事なことはこれから働いて行く中で見えてくる物事や考え方です。
それが個性になり、初めて未来像が見えてくるものだと思います。
本音を大事に、背伸びをせず頑張ってみてください。
イラスト

VOICE